わきがで悩んでいるあなたのために効果的なわきが対処法を!

スポンサードリンク
世界でもまれな清潔好きの日本では「わきが」は敵扱いされています。

わきが」とは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発するもの。

わきが」の臭いを嫌う人が多い社会では、わきがをもつ患者さんの多くがそれを過度に気にする精神状態に追い込まれます。

そのためわきががうつ病などを併発する恐れがあるのです。

わきがの治療は美容整形で治療することができます。

美容整形では珍しく、健康保険を適応することができます。


わきがの治療は保存療法と手術療法に分かれます。


保存療法には、
1.制汗剤
2.腋毛の処理
3.ボトックス注射
があります。

ボトックス注射とは、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、汗の分泌を促進させる神経伝達物質アセチルコリンを抑制するものです。


手術療法には、
1.剪除(せんじょ)法
2.吸引法
3.皮下組織削除法
4.切除法
があります。

最も主流な方法が剪除法です。

腋の皮膚のシワにあわせて3センチから4センチほどの切開を1、2本入れ、アポクリン腺を切り取っていく方法です。

吸引法は腋の上部を切開し、脂肪吸引で用いる器具を挿入してアポクリン腺を吸い出す手術療法。

皮下組織削除法も、腋を切開し器具を挿入してアポクリン腺を削除します。

切除法は腋毛が生えている皮膚を切り取ってしまう方法。


スポンサードリンク
これらの方法以外にもレーザー脱毛による治療もおこなわれています。

レーザー光はのわきがの臭いの元にもなるアポクリン腺にも作用し、わきが対策にも効果があります。

美容整形を行う機関でわきがの治療を受ける場合は、健康保険の適用が可能か確認しておきましょう。