FX(外国為替証拠金取引)で自分の資産を守る

スポンサードリンク
近年、個人での資産運用に注目が集まっています。

特にFX(外国為替証拠金取引)は主婦の間でも人気の資産運用方法です。

インターネットの普及に伴い、誰でも簡単にFX(外国為替証拠金取引)を始められるようになりましたが、当然投資にはメリットばかりではありません、リスクも理解して取引をするようにしましょう。

2005年からペイオフが解禁され、銀行預金は1000万円までしか保証されなくなりました。

また近年は超低金利が続いていたり、高齢化社会になりつつあります。

さらに外為法が1998年に改正されたことから、FX(外国為替証拠金取引)が一気に人気の投資法となりました。


これだけ人気になった投資方法ですが、一方では多くの損失が生じたり脱税など良くない報道もされています。


それではFX(外国為替証拠金取引)のリスクはどのようなものがあるでしょうか。

全ての金融商品に必ず伴うのが為替リスク。
為替リスクとは、為替の変動によって為替差益が発生する可能性があると同時に元本割れする恐れもあるという事です。

次に信用リスクというものがあります。
FX会社を選ぶ際に、全く無名の業者を選ぶ事はリスクを伴います。


そしてもう一つがネット取引に必ずつきもののシステムリスク。

スポンサードリンク
大きくレバレッジをかけていたり、デイトレードのように短時間で売買をするような取引の場合は特に重大な問題となります。

システムトラブルによってこういった取引が受けるダメージは

大変大きく危険なものとなる可能性があります。


こういったリスクを考えた上で、FX(外国為替証拠金取引)を行うようにしましょう。