転職情報サイトTop >  円満退社の仕方 >  円満退社の仕方について

円満退社の仕方について

スポンサードリンク

新しい会社に就職が決まったならば、転職する際にしなくてはならない事があります。
まず最初に在籍している会社を円満退職することです。


会社に在籍していた期間が長かった人はもちろんのこと、
在籍期間が短かかった人でも退職する時には、
職場の人たちに迷惑を掛けないように退職することが大切です。


まず直属の上司にその意思を伝えます。
退職の2ヶ月前には報告するのが理想です。

そして1ヵ月半前には退職日についての相談をします。
退職が決定すれば、期間的に少なくとも30日前には退職願を提出するようにします。
さらに10日前にはすべての取引先への挨拶等、
引継ぎがすべて完了するようなスケジュールを組みます。

会社から貸与されているすべての物品を返却するのは退職日当日です。
その日までには、自分の机、ロッカー、下駄箱や社用車などがきちんと掃除されて、
片付いているかどうか忘れ物がないかどうかを確認しましょう。

これら引継ぎ作業はしっかりと日程を組んで漏れの無いようにします。


しかし、退職する時に一番ネックになるのは、上司に対して退職の意思を伝える事だと思います。
退職の意思を伝える時に大切なのは自分の意思がしっかりと固まっていることです。

関連エントリー

転職情報サイトTop >  円満退社の仕方 >  円満退社の仕方について