転職情報サイトTop >  インターネットでの転職活動 >  インターネットでの転職活動について

インターネットでの転職活動について

スポンサードリンク

仕事の情報は、新聞の折込広告、求人情報誌、街頭のフリーペーパー、
ハローワークへ出向くなどの方法でたくさんある求人情報を集めることができます。


一番効率よく求人情報を集めるには、やはりインターネットのようです。
インターネットを利用して仕事の情報を集める人が最近は増えています。


検索サイトで「求人情報」というキーワードを入力してみると、
非常に多くの求人情報サイトがヒットします。


インターネット上で提供されている転職支援サービスには「登録型」と「スカウト型」の2つがあります。
転職支援サービスの違いをまずは理解してから、自分の希望するサービスを選択することが大切です。


まず1つ目「登録型」というサービスは、転職支援サービス会社のホームページ上から登録します。
このサービスは比較的大手の転職支援会社が行っているサービスです。
登録後は、その転職支援会社のキャリアコンサルタントとの
個別面談を行って希望する仕事を探していきます。

キャリアコンサルタントとの個別面談をすることで、
希望に合致した企業を紹介してくれます。

個人面談では、いままでの仕事内容、身につけたスキル、
希望する仕事、さらに給与や休日などの待遇面も相談にのってもらうことが可能です。


「スカウト型」はインターネット上の「ヘッドハンティング」のようなもので、
事前に自分の職務経歴や希望の職種などを登録し、企業からのアプローチを待つ形のものです。

自分の進むべき方向がしっかりと決まっていて、なりたい仕事がはっきりとしている場合や、
現在の仕事と同じような職種を応募している企業を探している場合は、このスカウト型を利用した方が効率的です。

関連エントリー

転職情報サイトTop >  インターネットでの転職活動 >  インターネットでの転職活動について