カナダ輸入住宅ならセルコホーム!

スポンサードリンク
セルコホームはカナダの輸入住宅の建築請負業者。

会社設立は昭和34年、本社は宮城県仙台市にあります。


もともとは仙台土地開発株式会社というデベロパーのような事業で、建売住宅や分譲マンションの販売を行なっていました。

平成7年からカナダの輸入住宅、ザ・ホームを発売し、積極的に輸入住宅に特化してきました。


セルコホームはパートナーズ制、いわゆるフランチャイズ制をとっていて、急拡大を果たしていますが、早いうちから仙台市宮城野区苦竹に研修センターを設立して、参加企業の技術力の向上を図ってきました。

セルコホームの取り扱う輸入住宅は、カナダからの輸入部材を使ったもので、基本的な工法は、ツーバイフォー工法です。

特段カナダの住宅メーカーと提携しているわけではなく、規格モノの部材をメーカーから輸入して、フランチャイジーに販売しています。


住宅の良し悪しは、材料と工法、および施工会社によりますが、セルコホームも自社で建築しているわけではありませんから、フランチャイジーの建築会社によって、その品質に大きな違いが出てきます。

問題は材料ですがスプルースが構造材に使われていることで、通常ツーバイフォーは壁で構造強度を保つため、SPFなどの強度を高めた合板が使われます。

スプール材は加工のしやすさが特徴の建築材ですが、耐久性や強度はSPFなどに比べると劣ると言わざるを得ません。


SOFは、スプルス、パイン、ファーの北米産針葉樹を張り合わせた合板ですが、SOF材も割れやすく、耐久性において強い部材とは言えません。


スポンサードリンク
ツーバイフォー住宅は、アメリカのサンフランシスコ大地震後に、耐震性を高めた工法として考案されたもので、それ自体木造工法としては優れたものです。

ただし壁が柱の役割をすることで、家全体の強度を保つため、柱のない広い空間が確保できる反面、在来工法のように間取りの変更などは出来にくい欠点があります。