レーシックの安全性と危険性について

スポンサードリンク
メガネやコンタクトレンズに代わる視力矯正法「レーシック」。

欧米では一般的な治療方法となっているレーシックですが、一流スポーツ選手が行っていることから、近年日本でも急速に普及しつつある治療方法。

果たしてレーシックは安全で効果的な視力矯正法なのでしょうか?

レーシックは屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当て、屈折を矯正して屈折異常を治す治療方法。

日本人の感覚からすると、「視力回復のために手術?」と一歩引いてしまうところがあるかもしれませんが、欧米では一般的かつ効果的な治療方法と認知されています。


しかし、手術にはリスクがつきもの。
確率は低いとはいえ絶対ではありません。


そこでレーシックのメリットとデメリットについて紹介します。

レーシックのメリット
メガネやコンタクトレンズを使わなくてよくなる。
就業にある程度の裸眼視力が必要な職業にも就けるようになる。
入院する必要性がなく、手術も短時間。
生命保険などが適用されることもある。
成功率の高い手術。

レーシックのデメリット
確率は低いが、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがある。
希望すれば誰もが受けられるわけではない。眼球の状況しだい。
長期に渡る安全性が確立されていない。副作用の可能性も。
コントラスト感度が低下する可能性がある。
ドライアイになる可能性がある。
裸眼視力は向上するが、矯正視力は低下する可能性がある。
角膜を削り過ぎると遠視になり、再度修正することは難しい。
二重像を生じる可能性がある。
近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない。
航空身体検査基準に不適合となる。


スポンサードリンク
レーシックの治療費は10万円〜40万円程度、保険が適用されても安くない価格です。

また治療する場所が目だけに、手術を受ける前にはメリット・デメリットをよく理解した上、

医療機関も慎重に選ぶことをお勧めします。