ペットの病気・症状について

スポンサードリンク
ペットは人間の言葉をしゃべることができません。

そのため、飼い主であるあなたがペットの状態に気をつけてあげなければなりません。

ペットがいつもと違って元気がない時がありませんか?


犬も猫も、体が飼い主に信号を送っているのです。


元気がない時は早めに獣医さんに見てもらうようにしましょう。



■飼っている犬の元気がない時

◆考えられる原因
打撲などのケガ、先天性の心臓の病気、ストレスなど精神的に落ち込む、
肝臓の病気、ガン、内分泌の病気、慢性腎不全、内部寄生虫、食べ物による中毒

◆見られる症状
単に元気がないだけでなく、何か普段とは違った異変がないでしょうか?
食欲がなかったり、熱が出たり、鼻水が出ていることはありませんか?
いつもより、よだれが出る、下痢や体が震えているなどの症状はありませんか?
また体に一部をしきりとなめる行動や、歩行がおかしい、
息遣いが荒いなどの症状から、元気がない原因を推測することが出来きます。

犬だけでなく動物の元気がない時は、あらゆる病気や怪我等に対するサインです。
はっきりとした原因が分からない時は獣医師に見てもらってください。



■飼っている猫の元気がない時

◆考えられる原因
精神的ストレス、打撲、骨折、内臓疾患、アレルギー、尿路結石、
胆管肝炎症候群、肝臓の病気、フィラリア症、感染症、糖尿病などが考えられます。

◆症状と要因
普段元気なネコが病気になったりすると、行動だけでなく、顔の表情までが変わってきます。
ネコの名前を呼んでも見向きもせず、食事の時間などにも興味を示さなくなり、
物陰でじっとしていたりするので、猫の様子をよく観察してみてください。

猫はメンタル的に落ち込んだりする動物です。
ネコ同士のケンカで負けてしまったり、新しい動物を飼う様になって
自分に目を向けられなくなった時にも元気がなくなったりします。
環境が変わっても元気がなくなります。
呼吸の鼓動が普段より速く、猫の耳の先端まで熱い場合は、熱があるかもしれません。