ペン回しを極める!

スポンサードリンク
ペン回しは、インターネットの普及とともに広がったと言っても良いのではないでしょうか。

インターネットの普及以前も、ペン回しは行なわれていましたが、愛好家の横のつながりはありませんでした。

コンピューターを使ったデスクワークが多くなると、息抜きにペン回しはお手軽なお遊びとして人気を集めました。


いざインターネットの時代になると、ペン回しを扱った専用サイトが登場し、一気に広がった感があります。

それでもマイナーな趣味として広まっただけで、いわゆる日本国内の人気に止まっていました。


ペン回しのブレークのキッカケは、韓国のWEBサイトで、ペン回しの動画が配信されたことです。

日本でペン回しのサイトが公開されていた時は、テキストや連続の静止画がいいところで、動画でペン回しなど見れませんでした。

その上、あくまでペン回しは暇つぶしとしてしかみられていませんから、競技性がなく自己満足の世界に止まっていたのが状態でした。


韓国でのペン回しは、フリースタイルと言うもので、日本で言われていたような、ペンを放してはいけないなどの規制はなく、スキーのフリースタイルと同じように、ペンを指から放して、キャチングするような技もあり、体操競技やフィギュアスケートのように競技性も帯びてきました。

その韓国での人気が日本に伝わって、国際大会まで行なわれるようになりました。


ペン回しの基本的なテクニックは、 ノーマル、ソニック、ガンマの3カテゴリーがあり、使う指の数とペンを回すスピードで難易度がが高くなっていきます。


スポンサードリンク
今では、ペン回しを専門に行なうペンスピナーなるプロの人も登場して、インターネットのWEB上で、華麗な技を披露しています。

2007年にはペン回しの世界大会が開催されましたが、今後の世界大会に向けて、日本にも日本ペン回し協会が設立され、インターネットを介して、世界的規模に発展する気配を示しています。