ミッシェルクランでちょっぴりハイソ!

スポンサードリンク
ミッシェルクランはイトキン傘下のブランドで、30歳前後の女性をターゲットにした、ハイソなイメージの高級なブランド。

1981年にパリでスタートしたブランドを1989年イトキンがビジネスパートナーとして業務提携した形で、日本でのブランドがスタートしました。

ミッシェルクランは、フランスでギ・ラロッシュのアートディレクターなどを経て、アメリカのバーニーズなどでも取り上げられるようになり、中堅ファッションデザイナーとして着実に成長しています。


現在はファッションデザインに止まらず、ILLUSIONなどの香水のアイテムも手がけるようになり、総合的なファッションコーディネイターとして確固とした評価を得ています。


ミッシェルクランのデザインの特徴は、そのシェープのシンプルさとカティングの巧みさです。

パリジャンが普段さりげなく着ているような、何気ないファッションのエキスを凝縮させたようなミッシェルクランは、洗練された大人のファッションと言えます。


基本的なミッシェルクランのデザインスタンスは、レイヤードをベースにした、誰にでも受け入れやすいアイテムで揃えられていますが、コーディネイト次第では、如何様にも変化し、イメージを変えられる包容力があります。

フランス人らしいデザイナーと言ってしまえば、それまでですが、TPOに拘らないミッシェルクランは、働く女性にとっては、神経を使わなくても自然なフェミニンなテイストをかもし出してくれる、便利なブランドと言えます。


スポンサードリンク
ミッシェルクランのデザインはニット系のアイテムが多いのも、いかにも大人のブランドと言ったところでしょうか。


ミッシェルクランのカラーリングは中間色に徹してた、柔らかい色合いのものが多く、上品なテイストは一貫したミッシェルクランの味と言えます。