口臭の原因を知り、口臭を治療しましょう

スポンサードリンク
口臭を気にする人は近年増加傾向に!

人間の口臭は生活習慣や体内環境によって臭いの有無や種類が大きく変化しるものです。

口臭をなくすためには、口臭の発生原因を知る必要があります。

口臭が発生する主な原因は、以下のようなものが挙げられます。

これらのことを意識するだけでも、口臭を軽減することができます。


【1】空腹
唾液は口臭を抑制する機能と食物のカスを洗い流す働きがあります。
空腹時は唾液の分泌量が減少してしまうため、口臭が発生しやすい状態になります。

【2】朝食抜き
朝食を食べないと午前中の時間帯に空腹状態になります。
空腹状態では唾液の分泌が少なくなるため、口臭が発生することとなります。

【3】暴飲暴食
暴飲暴食が原因で胃や腸の機能が低下し、口臭が発生することも。

【4】早食い
早食いをすると咀嚼回数が少なくなるため、唾液の分泌量が少なくなり口臭の原因となります。

【5】偏食
食べものが偏ると味覚障害を引き起こし、口臭が発生する危険性があります。

【6】口呼吸
口呼吸の場合、唾液の分泌量が低下し口内が渇きます。
口が渇くと細菌が繁殖することになり、口臭が発生することも。
唾液には、口腔内の汚れを洗い流す働きがあるため、口臭予防においてとても重要な役割を担っています。

【7】入れ歯
入れ歯の表面やバネの部分には、歯垢がつきやすいものです。
それが原因で、口臭が発生することが考えられます。

【8】あまり喋らない
喋らない状態が続くと、口内が渇き口臭が発生しやすくなります。

【9】睡眠不足
睡眠不足の時は、唾液の分泌が抑制されることにより口内細菌が繁殖します。

【10】便秘
便秘で老廃物が体内に長時間溜まると、異常発酵作用の原因となり悪臭物質が発生します。
そのため、それらが原因で口臭が発生することもあります。

【11】免疫力低下
体の免疫力が低下した場合、口の中にあるわずかな菌から、歯ぐきの腫れや歯ぐきから膿が出たりします。
その症状がさらに進行した場合、口臭の原因となる「歯周病」にまで発展する可能性もあります。

【12】緊張
過度の緊張状態だと、口内の水分である唾液を吸収してしまいます。
その結果、唾液が減少し口が渇くことにより、口臭発生の原因に。

【13】ストレス
ストレスが蓄積された場合、唾液の分泌が正常に機能しなくなります。
唾液の分泌が異常になると、口内が渇き口臭の原因となります。

【14】妊娠
妊娠時はホルモンバランスが大きく変化するため、体調不良や抵抗力の低下を引き起こします。
そのため、口内細菌の数が一気に増殖することがあり、口臭が酷くなるケースもあります。

【15】高齢
年齢を重ねると共に、唾液の分泌量は不足してきます。
そのため、口臭が発生しやすい環境をつくることになります。

【16】起床時
睡眠中は口をほとんど動かさないため、唾液の分泌は減少します。
そのため、口臭が発生しやすくなっています。

【17】タバコ
タバコの煙に含まれるニコチンやタールは、血行不良を引き起こし、
唾液の分泌能力を低下させるため、口臭の原因となります。

【18】日焼け
強い日差しを浴びると、体内の水分が自然に蒸発します。
そして、口の中も渇き細菌が繁殖しやすくなります。

【19】高温多湿
高温多湿の日は、体内から汗としてだけでなく、口内の唾液も一緒に蒸発します。
口内の唾液量が減少すると、口内で細菌が繁殖しやすい環境となり、
口臭が発生しやすくなります。

スポンサードリンク
【20】無理なダイエット
食事を摂らないようなダイエットをする場合、体の免疫力や代謝が低下します。

そのため、唾液が分泌しにくくなり、口内に細菌が繁殖しやすい環境となり、口臭が発生してしまうことになります。