ホビーラホビーレのオリジナルキットについて!

スポンサードリンク
ホビーラホビーレは、ホビークラフト事業の会社です。

もとは昭和49年に三菱鉛筆の社内ベンチャー事業として始まり、昭和50年に(株)ダイヤクラフトとして独立会社が設立され、平成3年に(株)ホビーラホビーレへ社名変更を行ないました。

事業内容は手づくりを通してのライフスタイルの提案、ホビーラホビーレショップチェーンの建設および運営、ホビーラホビーレオリジナル商品の開発と生産と言うものです。


実際の会社の事業は、手芸や手作りの趣味の材料や商品の販売ですが、傘下に4つのブランドを持ち、年齢や目的に沿ったカテゴリーで、独自の販促活動を行なっています。


ホビーラホビーレは中心ブランドで、手芸の材料などを販売するブランドとして、中核をなしています。

クレアシオン ドゥ リュクスは、高級志向のブランドで、”ヴィンテージとクチュール”を切り口としてファッション性の高い手芸材料を取り揃えたブランドです。

ボタンひとつとっても、オーストラリア産マザーオブパールのジュエリーシェルボタンやパリのオートクチュールメゾンが使っているようなファブリックやレース、リボン、ボタン、ビーズなど、ほとんどパリコレクションの世界です。

マルグリットは”かわいいをつくろう”がコンセプトで、子供用の服や小物入れを作るときのボタンや、リボンやアップリケなどを揃えたブランドで、マルグリットのキャラクターも目を引きます。

リネン&ステッチは、手芸デザイナーの青木和子さんのコラボレーションから生まれた、ブランドで、青木和子さんの刺しゅうキットやヨーロッパ直輸入の刺しゅう用リネンや刺しゅうのためのツールが揃えられており、青木和子さんのセンスを前面に出したブランドといえるでしょう。


スポンサードリンク
クレアシオン ドゥ リュクスは、プロの裁縫家しか使わないようなグッズが揃えられており、意外と根強い人気があり、想像以上に底の深い分野かもしれません。