パソコン復元時の注意点について

パソコンを長年使っていると、動作がおかしくなることはよくあること。
忙しい時に限ってパソコンのトラブルにみまわれた経験のある人も多いことでしょう。

スポンサードリンク
そんな急を要するパソコンの復元のためにも、バックアップはこまめにしておかなければなりません。

パソコンデータの復元とバックアップを行うときは、データを保存しておくメディアを選ばなくてはなりません。

復元とバックアップを行うデータの容量や、パソコンが搭載しているドライブの種類によって選択肢が変わってきます。

バックアップデータを記録させておくメディアにはCD-Rがお手頃です。
1枚のCD-Rに記録できる容量は700MB前後。
フロッピーディスク450枚分にもなります。

CD-R/RWドライブがついていれば、ぜひ利用したいものです。


ビデオカメラなどから動画を取り込んでいたりすると、データの容量は数GBになってしまいます。
大容量ファイルのバックアップを行うならばDVDが便利です。

DVDにはさまざまな規格があり、古いパソコンだと異なった規格のDVDが
読み込めないことがあるので注意が必要です。

複数のパソコンにデータを復元したいならば、それぞれのドライブを確認する必要があるでしょう。


また、インターネット上に復元データをバックアップするという方法もあります。
インターネット上にデータを保存する「オンラインストレージ」と呼ばれるサービスを利用するのです。
容量は数MBから数GBまでさまざまあり、無料でレンタルできるサービスもあります。


その他MOドライブや外付きハードディスクなど、いろいろなケースが考えられます。



再インストール後に動作環境を復元するためにバックアップを取っておかなければなりません。
「アプリケーション本体」、「OSとアプリケーションの動作環境」に関してバックアップを取り復元します。

アプリケーション本体はシステムパーティション内の「Program Files」フォルダに入っています。
Program Filesフォルダには、サブフォルダが作成されています。
一般的にはそのサブフォルダにアプリケーションが動作するために必要なファイルが保存されています。

アプリケーションによっては、システムパーティションにサブフォルダを作成して、そこにファイルを保存するものもあります。
そのため、Program Filesフォルダ、およびシステムパーティションに
作成されるアプリケーションに関するフォルダはすべてバックアップをとったほうがよいでしょう。


レジストリに関しては「C:\WINDOWS\system32\config」フォルダに入っています。
そのため、WINDOWSフォルダをそのままバックアップするならば、自動的にバックアップされるはずです。


環境ファイルはシステムパーティションの「Documents and Settings」フォルダに保存されています。
このフォルダにはユーザーごとにサブフォルダが作成され、さらにアプリケーションごとに各種の環境ファイルが保存されています。




  • Googleに追加
    My Yahoo!に追加
    livedoor Readerに追加
    はてなRSSに追加
    goo RSSリーダーに追加
    Technoratiに追加
  • track feed
    • seo