ディグレースのガーリーを着よう!

スポンサードリンク
ディグレースは1978年に設立されたブランド。

ガーリーと言う、コンプレックスなイメージをコンセプトにした、独特の雰囲気があるブランドです。

ガーリーとはガールからきた言葉ですが、もともとはアメリカで1990年頃使われるようになった言葉です。


ディグレースのデザインは、クラッシックでありながら、何処となくエキゾチズムやコスモポリタンな雰囲気をもった、ミステリアスな趣があって、ロマガーリーやガーリー&リラックスなど、キッチュでセクシーだけどキュートな女らします。

ディグレースのデザインコンセプトは、お嬢様系の流れを汲むもので、よりポップなテイストを加味して、アメリカのニューヨークファッションのトレンドを意識したバリエーションに仕立て上げたものと言えます。

アジアンテイストやクラシックな仕上げは、いかにもニューヨークコレクションにありそうで、東京コレクションとニューヨークコレクションのいいとこ取りといった感じです。

売れ筋を狙った、ちょっと大人目のデザインが多く、ニット素材を使ったフェミニンで、セクシーまではいかないアイテムが最近の傾向のようです。


トップスのバリエーションは、コーディネイトのポイントとされるアイテムで、レイヤードファッションの本道を行くものです。

アクセサリーなどもオーソドックスと言うか、渋めに押さえられていって、ボトムでインパクトを与えるのかと思いきや、モノトーンのパンツなどが多く、最新アイテムが、初期の頃に比べて、かなりお姉さんになってしまった感があります。


スポンサードリンク
最新のディグレースは、カントリーやフォークロアへの回帰傾向にあるようで、ニット中心のラインアップになっていますが、この手のブランドは、一定のサイクルで、デザインが変化するようです。