コンドロイチンとグルコサミンについて

コンドロイチンとグルコサミンについて紹介します。

スポンサードリンク

コンドロイチンとグルコサミンカテゴリー項目一覧

▼ コンドロイチンとは

● コンドロイチンとは
最近よくサプリメントや食品で耳にするコンドロイチンとはいったいどんなものなのでしょうか。 コンドロイチンという言葉は、もともとギリシャ語で「軟骨のもと」という意味を表しています。 加熱する

▼ コンドロイチンを補う食品

● コンドロイチンを補う食品
加齢とともに減ってしまうコンドロイチンを、毎日の食事で補っていこうとすると、どんなものから摂ることができるのでしょうか。 それはコンドロイチンが持っている性質、つまりねばねばした食品に含ま

▼ グルコサミンの効果

● グルコサミンの効果
グルコサミンには、どんな力が備わっているのでしょうか。 私たちは歳をとると関節が変形しやすくなります。 関節の痛みは、50代になると増え始め、それが60代になるとなんと80%を越える人がひ

▼ グルコサミンのサプリメント

● 関節にはグルコサミンのサプリメント
今よく健康雑誌などで目にする名前に、グルコサミンというのがあります。 薬局などで「グルコサミン配合」と書かれたものが売られているのを目にすることがよくあります。 グルコサミンとは軟骨を生成

▼ 関節炎とグルコサミン

● 関節炎とグルコサミン
グルコサミンは副作用がない奇跡的な成分ですが、加齢などによってグルコサミンが不足してくると関節炎になりやすくなります。 それでは関節炎という病気はどういうものかというと、それは関節に関わる

▼ コンドロイチンの特徴

● コンドロイチンの特徴
コンドロイチンの正式な名前は、コンドロイチン硫酸ナトリウムといいます。 ギリシャ語のコンドロスという言葉が由来で、軟骨を意味しています。 その名前から想像できるように、コンドロイチンは関節

▼ コンドロイチンと体の水分

● コンドロイチンと体の水分
コンドロイチンは水分を維持する役目を持っています。 保水力は一対数百ともいい、10グラムのコンドロイチンは数リットルの水分を蓄えることができるのです。 人間は、生まれた時には豊富な水分を体

▼ 関節痛とコンドロイチン

● 関節痛とコンドロイチン
保水力の強いコンドロイチンは関節組織を保持し、関節の円滑な動きを助ける作用があります。 骨と骨が連結される部分は周りを軟骨が覆っており、その軟骨が触れ合うところには関節液があって、ヒアルロ