ベルルッティのシューズを履く!

スポンサードリンク
ベルルッティは、イタリアのシューズのブランド。

アレッサンドロ・ベルルッティは、サーカス団とともに旅をしながら、1895年にパリでメゾンを開く事になります。


ベルルッティの代表モデル、アレッサンドロはベルルッティが4代をかけて完成した不朽の名作です。

アレッサンドロ・ベルルッティから二代目のトレッロまでで技術的には、ノルベジアン製法と呼ばれる表革からソールにあたる裏革まで一枚革で作成する耐久性と履き心地を両立させた手法が確立されました。

三代目、四代目のオルガ・ベルルッティまで進化しつづけましたが、特にオルガはベルルッティの靴に色彩革命ともいえる変革をもたらし、フランソワ・トリュフォー、アンディー・ウォーホル、イブ・サンローランなど、多くの映画監督、芸術家、デザイナーまで虜にしました。

長年の染色技術の研究から、グリーン、グレー、イエローなど伝統的な紳士靴には使われなかった色を、ベルルッティの靴に持ち込みました。

それ以前のベルルッティは上流階級の一部や文化人、富裕層の人々に愛された、ファッションで言えばオートクチュール的な存在でした。


ベルルッティの靴は、世界一美しい靴と言われていますが、現在のベルルッティの靴は一般的なマッケイ製法が大半を占め、伝統的なノルベジアン製法の靴は、限定されたモデルしかありません。


スポンサードリンク
ベルルッティは靴だけではなく、革を使ったバッグやベルトも作っています。

靴に使われると同じ革が用いられた上質なバッグは、ビジネスバッグからボストンバッグ、バックパックまであり、財布や手帳などの小物まで揃えられています。

これらは顧客からの要望で作られてモノで、靴同様に贅沢な作りになっています。