ニュースピックアップTop >  スポーツ >  内藤大助選手がWBC世界フライ級タイトルマッチでドロー!

内藤大助選手がWBC世界フライ級タイトルマッチでドロー!

内藤大助選手がポンサクレック・ウォンジョンカム選手と

2度目の防衛線となるWBC世界フライ級タイトルマッチを行った。

ポンサクレック・ウォンジョンカム選手は内藤大助選手がチャンピオンになった時の相手で

日本人キラーとも言われている選手。

内藤大助選手がチャンピオンになった時の試合は調子が悪かったとも言われていたんだよね。

 

今回の試合結果はどうなったかというと引き分けで内藤大助選手のタイトル防衛。

審判の1人が内藤大助選手、1人がポンサクレック選手、1人がドローという判定。

ちなみにポンサクレック選手につけたのは韓国人の審判だった。

 

なにわともあれ、内藤大助選手が防衛できてよかったね。

亀田戦は話題にはなってたけど、試合自体はぐたぐたで面白くなかった。

今回の試合は2人とも年齢を感じさせない動きで面白い試合だった。

 

ところで試合前にチケットが余っているという報道もあったけどチケットは全部売れたのかな?

  

    

テニスとフレッドペリー マツダのプレマシー ポーチドエッグを作る時のポイント ホコモモラでスペインの薫り ホットヨガでデトックス ヨークベニマルの店舗 オートバイ用品・パーツならライコランド キャンディトイのリーメント ロイズのチョコレート 体操競技の新体操 名づけと姓名判断 自動車部品のボッシュ 英会話喫茶で楽しく英語 木製家具のマルニ スリッポンとローファー ヒルズダイエットのパステルゼリー アンテプリマのワイヤーバッグ

関連エントリー

ニュースピックアップTop >  スポーツ >  内藤大助選手がWBC世界フライ級タイトルマッチでドロー!