ニュースピックアップTop >  サイエンス >  ペルセウス座流星群が13日にピーク!

ペルセウス座流星群が13日にピーク!

夏の風物、ペルセウス座流星群が13日にピークを迎える。

ペルセウス座流星群は三大流星群の一つ。

夏は花火など、夜空を見上げるイベントがあるが、

天体観測もなかなかいいものですよ。

天体観測は明かりが天敵だが、

13日は新月に当たり、月明かりの影響を受けないので、

天気が良ければよく見えると期待されている。

流星群を観測するときはなるべく暗い所で観測しましょう。

わずかな明かりのせいで観測しづらくなるので、街の明かりがないところが良い。

流星群は13日前後数日間にわたり、

ペルセウス座にある「放射点」から流星が四方八方に軌跡を描き出現する。

ペルセウス座は真夜中に北東の比較的高い場所に上るため、

午前0時すぎから明け方にかけて、肉眼で夜空を広く見渡していると、

流星を見つけやすいとのこと。

真夜中だから子供達には厳しい時間かも知れませんが、

この日だけは特別に、ペルセウス座流星群を観測しませんか。


▽Yahoo!ニュース - 時事通信 - 13日が出現ピーク、新月で好条件=ペルセウス座流星群、観察を−国立天文台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070804-00000040-jij-soci

関連エントリー

ニュースピックアップTop >  サイエンス >  ペルセウス座流星群が13日にピーク!